Refcome(リフカム)- リファラル採用を活性化するクラウドサービス

ニュース

リファラル採用における課題を可視化できる「リファラルスコア」機能の提供開始

2019.9.11#プレスリリース

株式会社リフカム(本社:東京都渋谷区、代表取締役:清水 巧)が運営する、リファラル採用(※1)を活性化するクラウドサービス「Refcome(リフカム)」は、リファラル採用が活性化しない原因を可視化・分析できる機能「リファラルスコア」を2019年9月11日より提供開始しました。

新機能「リファラルスコア」の提供背景
近年、優秀な人材を獲得できることや、採用コストを抑えられることなどからリファラル採用に取り組む企業は増加しています。企業はリファラル採用を活性化させるため、従業員への周知や社内イベントの企画などあらゆる施策を実施していますが、どの施策が紹介につながっているか、なぜ紹介が発生しないのかを把握することは困難でした。リフカムでは、のべ850社以上のリファラル採用を支援してきたコンサルタントが、企業ごとに社員紹介が発生しない障壁を明らかにし、適切な施策を提案してきました。
「リファラルスコア」では、このノウハウをもとに、リファラル採用が成功している会社に共通しているポイントを8つに分類し数値化することで、自社のリファラル採用がうまくいかない原因の可視化を可能にしました。これにより、企業は自社のリファラル採用がうまくいっていない要因を明確にし、それぞれの課題やフェーズに合わせた施策の立案が可能になります。

「リファラルスコア」とは
従業員が3分程度で回答できるアンケートに回答することで、「リファラル制度の認知」や「募集ポジションの認知」などリファラル採用を成功させる為に必要な8項目とeNPSの状況を点数化します。自社に足りていない要素を把握することで、人事担当者はどの項目にフォーカスして施策を打てばいいか把握できるようになります。
これにより、リファラル採用がうまくいっていない企業や、これからリファラル採用に取り組む企業はより効率的に施策に着手することが可能になります。

リフカムでは、現在「リファラルスコア」のみを単体で利用できるプランを20社限定で提供しています。ぜひ自社のリファラル採用の状況を可視化するためにお役立てください。
https://jp.refcome.com/inquire/refcome-score ※商標登録出願中

【(※1)リファラル採用とは】
リファラル採用とは、社員が勤めている会社に自身の知人や友人を紹介・推薦する採用手法です。社員全員が自社の人材集めに協力することで、従来の採用手法では顕在化していなかった優秀な人材を獲得することが可能になります。米国では、約85%(※)の企業が何らかのリファラル制度を導入していると言われています。
(※出典: CareerXroads,Brown Bag Lunch Webinar REFERRAL Practices,2012 )

【株式会社リフカムについて】
「採用を仲間集めに。」をミッションに、リファラル採用を活性化させるクラウドサービス「Refcome(リフカム)」を提供しています。2016年7月にサービス開始以来、ITベンチャー企業や人材派遣会社、飲食大手チェーンに至るまで幅広い業界でご導入いただき、サービスを通じたリファラル応募者数は延べ1万人を突破しています。

リファラル採用を活性化するクラウドサービス「Refcome」
https://jp.refcome.com/

社員のエンゲージメントを可視化し、向上するクラウドサービス「Refcome Engage」
https://jp.refcome.com/solution/engage